亀頭包皮炎の症状・原因・治療

 

亀頭包皮炎とは亀頭と包皮に炎症が生じ、痒みや痛み、水ぶくれや丘疹などの症状が生じる病気です。原因は細菌の繁殖によるもので、汚れた手で触れたり性交渉で菌が感染したなどが考えられます。亀頭は皮膚が薄く、下着のこすれや風呂場での洗いすぎなどでも小さな傷が付き、そこから菌が侵入します。皮膚が健康に保たれていると自然治癒する事もありますが、炎症がなかなか引かないようでしたら、泌尿器科で診察を受けて下さい。検査によって診断を受け、適切な治療を行えば治りが早くなります。また、糖尿病や尿道炎など基礎疾患が原因で引き起こされている可能性もあるので、自己判断ではなく専門家である医師の診断を受ける事が大切となります。亀頭包皮炎になるのは子どもが多く、成人で亀頭包皮にかかる人は包茎が多いのが特徴です。男性器は外気にさらされている状況から菌が繁殖しづらいですが、包茎の場合は包皮の中が菌の増殖に適しているからです。亀頭包皮炎の治療には菌の増殖を抑える抗生物質や抗真菌剤が用いられます。症状が強い場合は経過を見てステロイドを併用する場合もあり、再発を繰り返したり症状が悪化し改善しない時は包茎手術が必要となる事もあります。

 

 

亀頭包皮炎の治療にかかる費用

 

亀頭包皮炎は亀頭部分と包皮部分に炎症が生じる事によって発症する病気です。特に発症しやすいのは包茎の男性で、性器が包皮で覆われている子どもも発症する事が多い病気となります。亀頭包皮炎の原因菌としては細菌やカンジダ菌などが挙げられます。発症の要因としては包茎の他にも免疫力・体力の低下、性行為、性器の洗い過ぎ、極端に不潔な状態などが挙げられます。症状はあまり悪化する事はありませんが性器のかゆみや痛み、赤くなったり白い垢のようなカスが付着します。放置していると皮膚が弱くなり裂けやすくなります。このように症状が悪化する前に泌尿器科や性病科を受診する必要があります。治療方法は医師の指示に従い内服薬や軟膏を患部に塗ることで行います。薬を用いた治療と併用して性器に恥垢を溜めないように亀頭部分と包皮部分を清潔にしておくことが重要となります。亀頭包皮炎を治すのにかかる費用としては診察代が3000円から5000円、薬代が2000程度となります。保険診療で受ける倍は3割負担となります。放置して悪化するほど治療が長引き費用もかかります。そうならないためにも、少しでも性器に異常があらわれた時は医療機関に受診するようにしましょう。

 

 

亀頭包皮炎の膿の処置について

 

亀頭包皮炎を発症した場合、症状は性器にかゆみや痛みが出る他に白い垢のようなカスが性器に付着したり、膿などの分泌物が出るようになります。亀頭包皮炎は膿を取り除いた方が治りが早いと言われています。小さい子どもの場合病院では膿を取り除く事を勧められる事が多いようです。シャワーをゆるく出し患部にあてて洗い流したり、ぬるま湯を貯めてんがすだけでも効果が実感できます。小さい子どもの場合は性器が皮で覆われており、めくると痛がるようなら先端だけを流すだけでも大丈夫です。大人の場合も患部を洗い過ぎてしまうと症状が悪化してしまう事もあるため、ぬるま湯などで洗い流す程度で症状が緩和されます。石鹸で患部を洗いたい気持ちになるとは思いますが、シャンプーで体を洗う際に性器にも泡が付着するため、必要以上に石鹸で洗う必要はありません。また、患部を洗い流した後はしっかりと乾燥をさせてから薬を塗布しましょう。細菌やカビは湿気のある環境を好み増殖します。そのため、患部はしっかりと乾燥させ通気性の悪い衣服を着用するのは避ける事が大切です。このように亀頭包皮炎は患部を清潔に保っていれば改善していきます。薬を併用していくことで完治する事が出来るの絵正しい治療を行いましょう。

亀頭包皮炎の症状・原因・治療記事一覧

 

もしカンジダ性亀頭包皮炎になったら性器がかゆい、違和感があるなど、自分の性器の異変に気付いた場合、不安になってしまう人もいるかもしれません。もし、亀頭包皮炎になってしまった場合、性器の病気なので周りの人に相談するのも恥ずかしいものがあります。カンジダ性亀頭包皮炎の場合、性交による感染が主な感染経路ですが、カンジダ菌を増殖させる要因は、湿気や不衛生な環境などにもよります。包茎の場合も亀頭包皮炎にはな...

 
 

カンジダ性亀頭包皮炎治療は完治するまで根気強く亀頭包皮炎は一般に子供に多い症状とされていますが、大人でもなることがあります。また一度何らかの形で亀頭包皮炎になるとなかなか治りにくいものであるという特徴がありますので注意が必要であると言えるでしょう。子供の場合には細菌の感染によるものが多いと言われていますが、大人の場合には何らかの形でカビの一種であるカンジダが関連しているケースが多いと考えられていま...

 
 

カンジダ性亀頭包皮炎は自然には治りにくい理由亀頭包皮炎を発症した場合、不潔な状態にしていたから病気になったと思い性器を必要以上に洗ってしまったという方が多くいます。しかし、この行為は逆効果となってしまいます。亀頭包皮炎は通常自然に治る可能性がありますが、このような行為をすると治りにくい状態になってしまいます。亀頭包皮炎は細菌やカビが原因となり発症します。もちろん性器を不潔な状態にしていることでも発...

 
 

カンジダと男性と包茎包茎の男性というのは実はカンジダに感染しやすいって知っていましたか?さらに感染しやすいだけでなく完治するまでに時間がかかってしまいます。というのも包茎の方というのは亀頭が露出しておらず亀頭が皮に覆われている状態です。そのため、皮の内側でカンジダ菌が増殖しやすいのです。また、増殖したカンジダ菌というのは簡単に洗い落とすことができません。さらに包茎の程度によってもカンジダの治りにく...

 
 

亀頭包皮炎の悩み:裏筋の痛み裏筋に痛みが感じられる場合は、亀頭包皮炎を疑う必要があり、少しでも早く医師の診断を受ける事が重要です。亀頭包皮炎は、男性の大切な部分が炎症を引き起こし、違和感などの症状をもたらします。異性との関係や、激しい刺激を与えた時に亀頭包皮炎の原因となる切っ掛けが多く、日頃から裏筋の負担が大きい場合も、炎症を引き起こす可能性が高いです。大切な部分の構造は複雑で、痛みの部位と原因が...