MENU

歯茎の異常はカンジダ菌かも?

 

先日、病院でカンジダ菌に感染していると言う診断を受けてしまいました。
ある朝何気なく歯を磨こうと鏡に向かったときに、歯茎に白いカスのようなものがやけにくっついていたんですよね。
明らかに歯垢とかとは違うそれがいったいなんだったのすごく気になってしまいまして。
試しにインターネットで調べてみたら、カンジダ菌に感染するとそういったものができることがあると出てきたので、焦って病院に行ったんです。
そうしたら・・・まぁ案の定と言いますか、カンジダ菌に感染していたというわけです。
自分ではこんなことになるような心当たりはこれっぽっちも無かったんですけどね。
ですが、なってしまっているということは当然何かしらの原因があったんでしょうね。
自覚できていないのがすごく怖いところですけども。
もし歯茎に白いものが急に溜まってきたりしていたら、念のため調べてみてもらうことをお勧めします。
またカンジダ菌の悩みの中で最も多いのはカンジダ膣炎です。カンジダ膣については病院で治療する方法と自宅で治すという方法があります。

 

カンジダ膣炎の治療薬に関しては市販では売っていませんので、病院で処方を受けるということが必要です。しかしカンジダ膣炎で病院に行くというのはちょっとと考え込んでしまう人もいます。カンジダ膣炎はデリケートな部分の悩みだけにこういった方がいらっしゃるのも当然だと思います。

 

カンジダ膣炎の対策にフェミニーナ軟膏が有名ですが、フェミニーナ軟膏自体はカンジダ膣炎の治療薬ではなく、カンジダのかゆみを止めてくれるお薬です。ですから市販薬のフェミニーナ軟膏ではカンジダの根本的な治療はできません。お医者さんの処方するカンジダ治療薬のようなものは日本では購入することはできないので、ネット通販でアメリカのカンジダ膣炎用の治療薬を購入することはできます。このカンジダ膣炎用の治療薬はモニスタットというお薬です。アメリカの医師からも支持を受けているお薬のようです。

 

アメリカと日本では医療事情が異なりますから、日本の処方薬もアメリカでは市販薬として販売されているものもあるようです。モニスタットはそういった治療薬の1つです。モニスタットには3日で治してくれるものと7日で治してくれるものがあります。モニスタットの販売サイトを見てみると7日用のモニスタットの方が支持を受けているようです。

 

カンジダ膣炎がデリケートな部分の病気だけに7日用のお薬でじっくり治すという方の方が多いようです。 3日用と7日用のお薬では当然3日用のお薬の方が薬が強いですから本当に急いでいる方以外は7日用でゆっくり治すということなのだと思います。

 

カンジダ膣炎で困っている方にとっては自宅で購入できるモニスタットというカンジダ膣炎用のお薬は重宝なもののようです。モニスタットについて詳しく知りたい方はこちらのサイトは参考になります。

 

カンジダ膣炎で困っています。カンジダを早く治す方法を教えてください。