MENU

亀頭包皮炎で裏側が痛い場合

 

性行為や自慰のあとに陰茎の裏筋が痛くなる、または裏筋が赤く腫れたりするといった症状の場合、亀頭包皮炎が疑われます。性器に炎症を起こすことから性病を疑い、また炎症を起こしたところが性器ということで恥ずかしいという気持ちで病院に行こうとしない人が多いですが、そのような症状を感じたのであればすぐに病院に行くことをおすすめします。そのまま放置しておくと、裏筋の部分が切れたり、ただれたりする可能性がありますので、治療を開始しましょう。

 

亀頭包皮炎は、誰でもなる可能性があるもので、不摂生な生活をしているから、パートナーが別にいるからなるといったものではありません。誰もが持っている細菌やカビが原因で炎症を起こすことがあります。また女性に多いカンジダ症ですが、亀頭包皮炎を患う成人男性の多くがカンジダ性の亀頭包皮炎です。

 

治療法は、症状に合った治療薬を用いることになり、炎症が酷い場合は、細菌性かカンジダ性によっては抗生物質を服用することもあります。また医師の診察のもと薬を使わないと再発、治りにくくなりますので、市販の薬を使わずにまずは病院で診察を受けるようにしてください。細菌性とカビによる炎症は繰り返しますので、専門家に診てもらいましょう。

 

 

 

亀頭包皮炎の原因

 

亀頭包皮炎って聞いたことはあるでしょうか。男性性器、名前の通りに亀頭にできる、アトピー性皮膚炎に似た炎症のことを言うのですが、場所が場所だけに一度なってしまうとなかなか人にも言えず、悪化させてしまうことも多い病気です。亀頭包皮炎が発症すると、亀頭部分や包皮の皮膚が赤くなり、ニキビのような赤い斑点や、ただれが起きて、人によっては痛みやかゆみが発生します。
この病気ですが、基本的に雑菌や真菌(カビ菌)が亀頭に感染し、繁殖することが原因で起きることがわかっています。具体的には成人の場合は、性行為、洗いすぎ、下着とのこすれ、疲れなどから小さな傷ができ、そこに菌が繁殖することで起きるようです。また、包茎の人は、よりカンジダ性亀頭包皮炎になる確率が高いと言われています。
亀頭包皮炎は大きく分けると、雑菌によるものと、カンジダによるものに分かれます。雑菌の場合は、赤く腫れて、痛み、かゆみなどがみられることがあります。腫れがひどいと、水ぶくれのようになることもあります。カンジダ性の場合は、カンジダが増殖して、赤くなり、白いかすがたまり、かゆみなどがみられることがあるようです。
治療には、抗生物質や抗真菌剤が使われることが多いようです。
普段から原因となりうることに気を付けて、このような病気を避けることができるようにしたいものです。