MENU

カンジダ膣炎の症状

 

カンジダ膣炎になったことありますか?私は妊娠中によく発症していて、産後は一時期治まっていたんですけど
最近になってまた発症したようです。

 

カンジダ膣炎の症状は、膣の中や外陰部のかゆみ、おりものの量が増えたり色がいつもと違うなどです。

 

軽い人なら放置してても勝手に治るような、そこまで心配しなくてもいいものなんですけど、
私の場合かゆみが我慢できないんです。

 

外陰部のかゆみは市販の薬を塗ってよくなったこともあるんですけど、膣の中はやはり病院に行かなくちゃ
どうしようもないので、病院に行って洗浄してもらって薬もいれてもらっています。

 

今回はかなりひどくてすぐに病院に行ってきました。
たぶん一週間ほど前に高熱を出して抗生物質を飲んだのが原因だと思います。

 

抗生物質は膣の中の善玉菌まで除菌してしまうので、悪い菌が増えやすくなっちゃうんですよね。
その悪い菌が原因でおりものが増えたりかゆみを引き起こしたりするんです。

 

熱で体の抵抗力が下がったっていうのも原因の一つだとは思いますが。

 

最初にも言いましたけど、妊娠中によく発症していたんです。
妊娠中は抵抗力がなくなりますからね。けっこうなる人多いみたいですよ。

 

体を強くすればこうゆうこともあまり起きなくなるかもしれないですね。

 

 

カンジダ感染に伴う痛み

 

カンジダとはわたしたちの周辺にいる酵母カビの一種で、睡眠不足、ストレス、風邪、疲労、抗生物質の服用後など体力が低下していたり、免疫力が弱っているときに発症しやすいといわれています。お風呂やトイレで誰かからうつされるということはありませんが、妊婦さんが感染していると出産の時に、赤ちゃんに産道感染してしまうことがあります。赤ちゃんが鵞口瘡という病気にかかったりします。

 

女性がカンジダになると外陰部や膣に白いおりものが付着して、強いかゆみを引き起こします。ひどくなると炎症を起こして痛みを伴います。妊娠中やピルを服用しているときには発症しやすいといわれています。男性の場合は亀頭や包皮などに発赤、痒みといった症状があらわれます。

 

カンジダになると粥状の白いおりものと強いかゆみ、ひどくなると痛みも伴うのが特徴です。一度発症すると再発することが多い病気です。原因は疲労が続いていたりして免疫力の低下がありますので、日頃から疲れを溜めこまないで睡眠を十分に取り、栄養バランスの取れた食事をしっかりして体調を整えることで予防することができます。またこの病気は市販薬では治りませんので病院で検査して治療することが大切です。