男性に感染することがあるカンジダ膣炎

 

カンジダに感染するのは女性が多いですが、場合によっては男性も感染する事があります。原因として挙げられるのがカンジダ膣炎を発症している女性と性交渉をした場合です。しかし、カンジダ膣炎を発症している女性と性交渉をすると必ずカンジダ症を発症するという事はありません。男性の場合、性器の構造が通気性が良いためカンジダ菌が繁殖しづらい環境です。そのため、性行為を行ってもすぐに洗い流し清潔に保てば発症する事がありません。しかし、カンジダ菌が付着したまま放置したり、極端に不潔な場合、そして包茎の方は発症する可能性が高いので注意が必要となります。男性がカンジダ菌に感染すると亀頭部分や包皮部分にし症状があらわれるようになり、カンジダ性亀頭包皮炎を発症する事があります。カンジダ性亀頭包皮炎の症状としては性器の先端のかゆみがあらわれ、亀頭部分や包皮部分に白いカスや垢のようなカスが付着するようになります。このまま放置し悪化すると痛みや性器に赤みが出始め、皮膚が裂けやすくなることもあります。そのため、症状が出たら放置せずにすぐに医療機関へ受診し治療を行う事が必要となります。専門の医療機関は泌尿器科か性病科で診察を受ける事ができます。

 

 

体調などにより発症してしまうカンジダ膣炎

 

カンジダ膣炎は性感染症であり性交渉でしか発症しない、そう考えている人もいるようですがそれは間違いです。
カンジダは真菌の一種であり元々人間に常駐しているのです。
それが何かしらのきっかけで増殖した時、おりもの異常や激しい痒みを引き起こします。
ですから性交渉の経験がない方や老人でも、カンジダ膣炎に罹患することは勿論あります。

 

そのきっかけとなる原因は免疫力の低下、抗生剤の服用、妊娠といったものが挙げられます。
この中で最も多いのは風邪をひく、疲労の蓄積、ストレスと等で免疫力が低下した時です。
カンジダは一度発症すると再発しやすいので、経験者は特に免疫力が低下しないよう日頃から注意しましょう。

 

次に多く見られるのが抗生剤を服用後に発症するケースです。
抗生剤は腸内の善玉菌まで殺してしまうので、増殖しやすい環境になってしまうのです。

 

妊娠した時に罹患しやすくなる理由は、妊娠すると黄体ホルモンが増えるので膣内が酸性になりやすく、この状態をカンジダが好むからと言われています。生理前も黄体ホルモンが増えるので、生理前になると症状が出てしまう人もいるようです。
また黄体ホルモンとは関係なく、糖尿病患者も膣内が酸性に傾きやすい傾向があるのでカンジダにかかりやすいと言えるでしょう。

 

この他にもステロイド剤を使用している場合は免疫抑制機能が働いてしまいます。
この場合も罹患しやすい状態にあるので注意が必要です。

 

 

カンジダ膣炎の日常生活で気をつけたいこと

 

カンジダ膣炎は、膣内に常在している日和見菌であるカンジダ菌が原因となって起こる性病であり、ヘルペスやクラミジアなどと異なり性交渉で感染する性病ではありません。

 

カンジダ菌は普段人の体が元気な時は何もせずにおとなしくしていますが、体が疲れて免疫力が低下したり、きつめの下着を着けて膣内が蒸れたり、風邪などで抗生剤を飲んで善玉菌が新でカンジダ菌が優位になっているときに悪さをします。

 

カンジダ膣炎にならないようにするために日常生活で気を付けたいことは簡単です。

 

免疫力が低下しないように疲労やストレスを溜めないようにしたり、下着を常に清潔なものにしてこまめに履き替える、生理中はタンポンやナプキンは長時間放置しない、排便や排尿のあと、前に向けて吹かないようにするなどで防げることがあります。

 

ただ、カンジダ膣炎は再発しやすい病気でもあります。

 

特に、妊娠中の免疫力が下がっているときもかかりやすく、妊婦がカンジダ膣炎に感染したままだと出産時におなかの赤ちゃんにも感染してしまうことがあるので早めに治療することが大切です。

 

再発を繰り返している人は、日常生活の中でカンジダ菌が繁殖しやすい環境を知らず知らずのうちに作っている可能性がありますので、生活を見直してみることをおすすめします。

男性に感染することがあるカンジダ膣炎記事一覧

 

カンジダ症について知っておきたいことカンジダ症というのはカビの一種である真菌の数が増殖してしまうことによって症状を発症してしまいます。男性の場合には、性器にカンジダ症の菌を持っていても、それが原因で発症することは非常に稀だといわれています。包茎や糖尿病、ステロイド剤の使用をしている方の場合にはカンジタ症を発症してしまうこともあります。しかし、このような心当たりがなく、それでも性器に強い痒みを感じる...

 
 

カンジダ膣炎の予防おりもの量が異常に増えたり、外陰部にかゆみを感じることはありませんか?もしそんな症状が出ていたら、もしかしたらそれは「カンジダ膣炎」かもしれません。カンジダ膣炎は、膣内の菌が原因で起こります。おりもの異常やかゆみなどの症状です。時々、性病と勘違いする人がいるようですが、カンジダ膣炎は性感染が原因で起こるものではありません。誰もが持っている菌が原因で起こりますので、症状がひどくない...

 
 

カンジダ膣炎の症状カンジダ膣炎になったことありますか?私は妊娠中によく発症していて、産後は一時期治まっていたんですけど最近になってまた発症したようです。カンジダ膣炎の症状は、膣の中や外陰部のかゆみ、おりものの量が増えたり色がいつもと違うなどです。軽い人なら放置してても勝手に治るような、そこまで心配しなくてもいいものなんですけど、私の場合かゆみが我慢できないんです。外陰部のかゆみは市販の薬を塗ってよ...

 
 

妊娠中にカンジダ膣炎になる人が多いって本当?妊娠中に気をつけなければならない事って色々ありますよね。その1つがカンジダ膣炎ではないでしょうか。どうしても妊娠中は体の抵抗力が落ちてしまうので仕方ないのですが、そのかゆみがストレスになる事もあるので気をつけたいです。ちなみに、産婦人科の医師いわくおりものが変だという事で相談する妊婦さんも多いのだとか。ただ、仕方ない事ですので痒みが出ていない場合はしばら...

 
 

歯茎の異常はカンジダ菌かも?先日、病院でカンジダ菌に感染していると言う診断を受けてしまいました。ある朝何気なく歯を磨こうと鏡に向かったときに、歯茎に白いカスのようなものがやけにくっついていたんですよね。明らかに歯垢とかとは違うそれがいったいなんだったのすごく気になってしまいまして。試しにインターネットで調べてみたら、カンジダ菌に感染するとそういったものができることがあると出てきたので、焦って病院に...

 
 

亀頭包皮炎で裏側が痛い場合性行為や自慰のあとに陰茎の裏筋が痛くなる、または裏筋が赤く腫れたりするといった症状の場合、亀頭包皮炎が疑われます。性器に炎症を起こすことから性病を疑い、また炎症を起こしたところが性器ということで恥ずかしいという気持ちで病院に行こうとしない人が多いですが、そのような症状を感じたのであればすぐに病院に行くことをおすすめします。そのまま放置しておくと、裏筋の部分が切れたり、ただ...